MUGENUP

RECRUITE SITE

MUGENUPにはデザイナーとしてのチャンスが広がっている。

デジタルクリエイティブ事業部 3DCGデザイナー

堀部竜也

ヒーローを描きたい。
その気持ちをもって、この仕事に飛び込んだ。

もともとヒーローが大好きなんです(笑) 子供のころからずっと大好きで、いわゆる特撮ものはもちろん、全世界で劇場公開されるようなマーベルのスーパーヒーローなども大好きです。今でもそれは変わっていません。
そんなヒーローに夢中な自分ですが、学生時代、株式会社スクウェア・エニックスさんの大ヒットゲーム『キングダム ハーツ』に出会って、衝撃を受けました。ゲームもストーリーも素晴らしく、特に感動したのは活き活きと描かれたビジュアルでした。3DCGで描かれたあの世界観が本当に魅力的で、ああいう作品やキャラクター、大好きなヒーローを描いてみたい!そう思ったのが3DCGを始めたきっかけでした。
それからは、学校でも独学でも3DCGやイラストを勉強し、卒業後、ゲーム会社に就職しました。一本の作品との出会いが、自分の人生にとって大きな契機になりました。
最初に入社したゲーム制作会社では、関わったプロジェクトのグラフィック周りを全て担当していました。キャラクターはもちろんですが、ゲームに登場するアイテム、プレイヤーのアバター、UIなどなど、いろいろな経験をする事ができて、とても勉強させてもらいました。
しかし、やはりヒーローを描きたいという気持ちが強かったんです。
このままだと、どうしても配属されたプロジェクトによってデザインの方向性が限られてしまいます。他のゲーム会社でもそれは変わりません。しかしアートハウスであるMUGENUPであれば、いろんな作品に関わるチャンスがあると思って転職を決意しました。
実際に入社してまだ1年未満ですが、その短い時間にもかかわらず、多数のプロジェクトに関わってきました。原作IPのあるタイトルもあれば、クライアントがゼロからデザインをおこしていくオリジナル作品などもありました。
今の自分にとっては、勉強という意味でもキャリアという意味でも、ベストな環境だと思っています。

MUGENUPから、オリジナルヒーローを世の中に創り出したい。

CGデザイナーとして、MUGENUPでは主にキャラクターや武器などの制作に関わっています。最初の数カ月は、モデリングやセットアップなど、直接自分でデザインを制作していましたが、徐々に外部のクリエイターの皆様と連動して動くことが増え、今ではアートディレクションが主になっています。仕事の上で自分が意識しているのは世界観ですね。特にテクスチャが顕著なのですが、作品の世界観にあったテイストになるよう、常に気を付けています。
自分が関わった作品が世の中に発表され、ファンの反応を聞くことができるというのは、3DCGデザイナーとして一番うれしいことだと思います。そのためには、プロの3DCGデザイナーとして、クオリティやスケジュール、制作点数など、様々な条件のなかで最大限の努力をしなければなりません。そしてクライアントの期待に応えるのはもちろん、コンテンツをいっしょに創り出して育てていくパートナーとして、MUGENUPを信頼してもらえるようになりたいと考えています。
いつかはMUGENUPのオリジナル作品を創りたいと思っています。その時は、キャラクターデザインはもちろん、ストーリーや世界観などコンセプトデザインもやってみたいと思います。
やっぱり、ヒーローを描きたいんですよね(笑)

入社してからの毎日が勉強でした。
いっしょに目標を目指せるような方を待っています。

MUGENUPに加わってから、はっきりとワンランクアップ成長できた自分を感じています。
クライアントの求めるレベルに応えようと、毎日の仕事の全てが勉強でした。MUGENUPでいっしょに働くクリエイターのレベルも高いので、他のメンバーが作ったデータを見るだけでも勉強になりました。特にアートディレクションについては日々勉強中です。社会人としてのコミュニケーションスキルひとつをとっても、もっともっと成長しないといけません。
いちデザイナーとして勉強できる環境であり、さらにアートディレクションも経験できるなど、MUGENUPにはチャンスが広がっていると感じています。

MESSAGE

いっしょに働きながら、お互いにモチベーションを高めていけるような方には、ぜひ来てほしいですね。 自分の目標を目指しているような方、3DCGのクオリティやスキルを高めたいという方がいらっしゃったら、ぜひMUGENUPに加わってください!