MUGENUP

RECRUITE SITE

WORK

事業紹介

Save Point事業部の挑戦

クリエイティブに「安心」と「効率」を。

クリエイティブ×テクノロジー

「Save Pointの思想」

Save Pointは日々の制作現場で見え隠れする煩雑な「管理」の時間を削減し、クリエイティブの時間に変えるツールです。

「もっと効率よくしたい…!」「もっとスムーズに進めたい…!」
こんな想いを持ったスタッフが集うMUGENUPでは、日々の制作現場において常に効率化のためのアイディアが生まれています。
そこから生まれたアイディアの結晶が、Save Pointにおいて便利な機能となっていくのです。

SavePoint_logo_bgBlack

Save Point(セーブポイント):http://www.savept.com/

すべてはクリエイティブのために

「Save Pointができるまで」

MUGENUPでは「MUGENUP WORKSTATION」というプロジェクト管理ツールを独自に開発し、運用しています。
これは、元々、社内のアートディレクターと外部のクリエイターとのコミュニケーションを効率化することを目的に開発されました。
そして「MUGENUP WORKSTATION」リリースから1年。
お客様とMUGENUPがコミュニケーションするための機能が追加されました。
この機能は多くのお客様からご好評いただき、「ぜひMUGENUP以外の会社とのコミュニケーションにも利用したい。」とのご要望をいただくこととなりました。

「このようなご要望に、これまで培ってきたノウハウを凝縮してぜひともお応えしたい!」

お客様にご提供するにあたり、デザインも一新、制作現場ならではの便利な機能を多数追加…
2015年5月、ついにSave Pointが誕生しました。

sp

ライフスタイルをもっと自由に

「Save Pointのつくり上げる未来」

Save Pointはアプリストアランキング上位タイトルの企業様たちを中心に、規模の大小関わらず多くの企業様にご利用いただいています。

どの企業様からも「Save Pointはありそうでなかったサービス。こういうのが欲しかった!」と嬉しいお言葉をいただきます。
私達の提供しているサービスがいかに新しい価値をご提供できているかということを実感します。

今はゲーム開発を行う企業様に多くご採用いただいておりますが、今後はゲームに留まらずより広いクリエイティブに対してサービスを展開していく予定です。

「クリエイティブ現場のワークフローを変え、クリエイティブに関わる全ての人のライフスタイルをもっと自由にすること。」

これがSave Pointの願いです。

SP議論4

 

ポートフォリオの提案・共有とクリエイター管理をひとつのツールに

「Galleries(ギャラリーズ)」が解決するもの。

これまでのポートフォリオに関わる運用は、提出元と受取手の双方に大きな負担が掛かっていました。
提出元である制作会社・個人クリエイターは、作品選定やポートフォリオ作成、提出に大きな労力を費やし、ポートフォリオの受取手である企業も、提出様式が統一されていないことによって、閲覧や管理、検索などに多大な時間が掛かっていました。

「Galleries(ギャラリーズ)」は、ポートフォリオの運用業務からこれらの負担を取り除き、より効率的な業務環境を実現します。

 

ポートフォリオやクリエイターの管理を効率化

「Galleries(ギャラリーズ)」でより効率的なクリエイティブマネジメントを。

最近のスマートフォンゲームは、リリース後も継続して運用を続けていく作品が大半を占めます。
シーズンごとのイベントやコラボイベントなど、その都度必要となるクリエイターのポートフォリオや情報の管理コストを、「Galleries(ギャラリーズ)」は大幅に削減します。
煩雑なファイル管理は不要となり、いつでも簡単にポートフォリオを検索し、クリエイター情報をチーム内外で共有するデータベースとしてもご活用いただけます。

 

一緒に創りませんか?

Save Point事業部ではゲーム業界向けの制作効率の向上を目指し、制作管理ツールやポートフォリオ共有サービスを開発・運営しています。
現在では、多くの企業様に導入いただいているツールに成長しています。私たちは、業務フローを効率化することが、本質的に重要なクリエイティブ制作の時間を大きくすることに繋がると考えています。そしてまだ見ぬ素晴らしいコンテンツが私たちのプラットフォーム上で生まれることを願っています。
チームではメンバー各自が「顧客にとってより良い状態は何か」という視点で考え、意見を出し合う雰囲気を大切にしています。クリエイティブ制作のプラットフォームと言う観点で業界で欠かせないサービス郡を一緒に創っていける方のご応募をお待ちしています。
Save Point事業部長 脇